スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもを生きることができなかったアダルトチャイルド(1)

08 07, 2013 | Tag,インナーチャイルド,アダルトチャイルド,

インナーチャイルドを大切にする


子どもの自分と出会うことは、生き生きとした自由な自分と出会うこと


年齢を重ねても私たちの中に生きている


私の子どもの頃に時代をさかのぼって想いを馳せてみると、色つきの情景に「音」や「感触」に季節の匂いつきで、まるでスライドショーのように場面が切り替わる形で記憶が蘇ってきます。
自分が主人公のストーリー・・・その情景は主に自然の中で遊ぶ子どもらしい子どもです。

私が子どもらしくいられたのは、おそらく小学校に上がる前まで。
その頃の記憶は、不思議ですが昨日のことのように鮮明に覚えています。


nature-child-1280-1024-1663a.jpg



当時、実家の三軒ほど先には小学校があり、学校の遊具のあるところが私の屋外プレイルームでした。
ブランコ・すべり台・花壇など、すべてが揃っている巨大なオモチャ箱ともいえる学校の一画で、ポプラの木も草っぱらも、地面も、全部おもちゃに変身させてしまう力が、地球の子である私には備わっていたような気がします。


中でもブランコはスペシャルなオモチャでした。
高く高く空を仰ぐようにブランコをこぐと、どこか夢の世界へ行ったような感覚になったものです。
そのブランコから見える赤く焼けた西の空、肌にやさしい風がひんやりとしてくる頃には、一番星も顔を出し、お陽さまの匂いが湿り気を帯びた甘い草の匂いに変わり、焼き魚の匂いが混じる頃が、家へ帰る時間でした。

nature.png



子どもは「今ここ」を生きる

子どもは大地が、地べたが、風が、空や木々が好きです。
この世界が自分の友だちだと信じていて、常に移りゆく景色への好奇心と感受性に満ちているのは、「今ここ」に生きているからです。

このような純粋で、周囲の世界と絆で結ばれた子どもは、年齢を重ねた今も私たちの中に生きています。
「インナーチャイルド」という内なる子どもの姿は、本来はこういった直観力にあふれ、生命力のかたまりのような存在のことをいいます。


♫癒しの音楽
Sunflowers │ Kevin Kendle ℗ 2001 New World Music






公式ブログ管理人:小野真由美
The manager of the official blog is MAYUMI ONO

Mayumi Ono

バナーを作成



VIXUS オフィシャルサイトのご案内


VIXUS(ヴィクサス)オフィシャルサイト


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
-0 コメント
コメントする
管理者にだけ表示を許可する
TOP
-0 トラックバック
TOP
Calendar
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Entries
Archives
Categories
Tags
Comments
Trackbacks
About

VIXUS

Author:VIXUS
VIXUS(ヴィクサス)オフィシャルサイト
神奈川(川崎・横浜)東京(23区)エリアで女性(こころとからだ)専門のケアサポートを総合的に行います!女でいてください。これまでも、これからも、
いつまでも。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。