スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の存在を否定する構造【インナーチャイルド】

04 11, 2012 | Tag,インナーチャイルド,トラウマ

すべての命がかけがいのない存在なのです


お母さん、私のせいなの?


誰しもが愛されるべき子ども

両親や祖父母や親戚から、手放しの祝福で迎え入れられ、愛情を一身に注がれて幸福への未来が約束された生命の誕生がある一方で、何らかの事情があり、複雑な思いで我が子をみつめる親の元に授かった新しい生命もあります。経済的な問題や健康上の問題などで、果たしてこの子を無事に育てられるだろうかと悩んでいる親や、授かったことに喜びを見い出せない親もいるかもしれません。


祝福されようがされまいが、新しい生命はそれぞれの環境に応じて育っていきます。
その子が、良家の子であれ貧しい家に生まれた子であれ、当の本人たちは自分がどんな立場にあるかなどお構いなしで無邪気に育っていきます。そしてその子たちが自我にめざめたとき、自分の生い立ちを、自分の環境を、自分の能力を、我が身と友だちとを比較しながら、自分という存在を敏感に感じとっていくようになるのです。


日本が今ほど多民族の流入がなかった時代は、人種や生まれで差別されたり、身体的な特徴や障がいなどでもあからさまな差別があったものです。私が子どもの頃は、親が知的な障がいのある子を連れ歩くことなど皆無でした。

生まれながらに父親がいないとか親の顔すら知らずに育った子も、彼らに非はないのに、まるで自分のせいであるかのようにその人生を背負い、周囲から偏見の目にさらされながらも純粋に生きようとします。
また、親の感情にふり回されたり、
見当違いに期待されながら、または孤独感を味わいながら、
親や養育者が喜ぶことに命をかけて全力で応えようとします。

o0450062911156661166.jpg

親が喜ぶことに命がけで応えようとする子ども

子は、親・先生・親戚などの身近な大人たちから、常識や社会的なことを自分の中に取り入れて成長しています。周囲に大切にされることで自分を大切にし、大切にされないことで自分の価値を否定する態度やこころを身につけます。
「男なんだから泣くんじゃない」「女の子は女の子らしく」とか「そのくらいのことは我慢しなさい」など、自分の自然な感情や考えを否定されることは、社会的に容認されやすい『こうあるべき』といった規範に自分を合わせることを強要されるに等しいこと。こういった経験は、自分が素直に感じていることや考えていることを認めない、否定するといったクセが身につくことにつながります。自然に感じることを「感じてはいけない」と思ってしまうのです。

親自身が自分たちの問題にかかりきりで子どもを愛することや世話することができない場合や、子どもを特別で個性的な存在として認めることができない場合があります。人として愛されたい、そして自分の愛や存在を受け入れてもらいたい子ども時代において、それは大変な傷つき体験として経験されます。


やがて、本当の気持ちや自分らしさを押し殺し、こころに鍵をかけたまま不健全に成長した子どもは、その頃に得られなかった自分の欲求や抑圧していたものに翻弄され、苦しむオトナ時代を過ごすことになります。

考え方やものごとの捉え方に歪みが生じたり、
その歪みが、自分の存在感を否定したり、
自分なんか生まれて来なければよかったと思ったり、
自分を、直接的にまたは間接的に傷つけることもあります。


『自分の中にいる内なる子ども(インナーチャイルド)』のこころの叫びは

生きたい
認められたい
必要とされたい

そして

愛されたいのです。


kako-nUtW5MhkmLtmAp1e.jpg

どんなオトナも最初は赤ちゃんだった

私たちはみな、最初は赤ちゃんでした。
産婆さんに取り上げられ、産湯に浸かり、お乳を飲みました。
誰かに抱っこされ、誰かに背負われ、誰かの胸に顔をうずめ、誰かにお風呂に入れてもらい、誰かにおむつを取り替えてもらい、誰かに寄り添ってもらって眠りました。お腹がすいたら泣く、眠くなったら泣く、おしめが濡れたら泣く、お母さんを探しては泣く、頭で考えるのではなく本能のままで感情表現をしました。

一人で生きられない生きものだったのです。
生んでくれた親でなくても、誰かの手で育ててもらいオトナになっています。
誰かの肌の温もりは無意識の記憶の中にしっかりと刻まれているはずです。
愛されることを本能的に求めるのはそういったところからもくるのではないかと思わずにはいられません。


怒り、傷ついた子ども時代の体験を無視し続けることは、オトナになった今でも『過去の内なる子ども(インナーチャイルド)』を抱えたまま生き続けることにつながります。そして、傷ついたインナーチャイルドはオトナとしての自分の傍にいて、生活を汚染し深刻な問題をくり返し起こし続けます。そうすることで気づかれ癒される(擁護される)ことを求めているのです。

子ども時代に受けたトラウマや傷つき体験によって生じた悲しみや怒りに気づき、それを十分に感じきること、そしてオトナになった自分自身が傷ついたインナーチャイルドをなぐさめ、癒し、自信を与えることで本来自分が持っていたパワーに満ち溢れたエネルギーを回復させることができるのです。


カウンセリングお申込み>>> こちらから


--------------------------------------------------------------------
横浜元町[女性医療クリニックLUNA]内で、女性専門カウンセリングを行っています
--------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
-0 コメント
コメントする
管理者にだけ表示を許可する
TOP
-0 トラックバック
TOP
Calendar
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Entries
Archives
Categories
Tags
Comments
Trackbacks
About

VIXUS

Author:VIXUS
VIXUS(ヴィクサス)オフィシャルサイト
神奈川(川崎・横浜)東京(23区)エリアで女性(こころとからだ)専門のケアサポートを総合的に行います!女でいてください。これまでも、これからも、
いつまでも。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。