スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

摂食障害を理解する(3)

02 21, 2012 | Tag,摂食障害

ぶつける感情の先に過食嘔吐


現実逃避の食べ吐き


家族自身が変わらなければ問題の解決にならないことがある

私は、自分が経験した摂食障害を理解し正しい知識を深めるため、摂食障害と嗜癖行動科学の専門医の講義を受けています。そこに患者さんのご家族の方が同席することがあるのですが、質疑応答で聞く生の声から、家族自身に問題があると感じることが多々あります。家族自身が変わらなければ問題の解決にたどりつかないことや、長引く場合があるという事実も知っていただきたいと思います。

g18.jpg


自分の感情を感じることに慣れていくことはとても大事です。普通は切って捨てる痛みを味わいながら、折り合いをつけていくものです。ところが、過食嘔吐を繰り返す人は、想像の中でこうなったらこうなるんじゃないかという設計図や青写真を作ってそこにあてはめることをして理想を追い求めます。現実を切り捨てることがうまくいかなくなると、その感情を排除しようとして食べ吐きをしてしまうのです。
完全主義な人は歪んだ形で、乱暴に『こうじゃなきゃダメ!』と感情をぶつけてしまうこともあり、本当はお母さんに愛して欲しいのに、かわいがって欲しいのに、こころとは裏腹に暴言を吐いたり、親を雑に使ったりすることもあります。
どんな子どもも本当はお母さんが大好きです!うまくいかないから憎いし頭に来るのであって、本当に嫌いなら腹も立たないし感情をぶつける必要もありません。お母さんをいじめる自分の事はもっと嫌い、だからそんな自分を忘れるために食べ吐きをしてしまうのです。


さて、家族の接し方ですが・・・親が子に対し普通の食事を用意するのは当たり前のことなので問題はありませんが、ご機嫌をとるために食べて吐く物を用意したり、そのためのお金を与えるのは正しくありません。
『あなたが本当にやりたいことは、食べて吐くことではないでしょ?』と、きちんと接する事が大事です。
また、摂食障害で苦しむ多くの人が家族の中にアルコール依存の問題を抱え、怖い怒られ経験をしているといいますがそのために人を怒らせるのも自分が怒るのも怖くて感情を表に出せない人もいます。
何を言っても聞いてもらえない何を言っても受け入れてもらえないといった経験から、自分の否定的な感情を表すということは悪いことだから自分のこころを解放できずにいて、言えない伝えられないからこそ悪い感情を排除しようとして食べ吐きをしたりするのです。


こんな家庭環境に育ったとしましょう。

夫婦喧嘩が絶えず、大きな声で暴言が飛び交い、泣き叫び、手が上がり・・お母さんは子どもにお父さんの悪口ばかりを言って、そんな愚痴をさんざん聞かされた子どもは、「お母さんは世界一可哀そう、不幸な人なんだ、あんなお父さんなんか別れればいいのに、私がいるから別れられないんだ。」と自分のせいにしてしまうところがあります。
実はお母さん、お父さんにイヤなところがあるけれど、嫌いになりきれないという大人の都合を子どもには言ったりはしません。腹が立ったときだけ無意識に愚痴をこぼしたり悪口を言ってしまうことが、どれだけ子どものこころを傷つけてしまっているかなどということには気がついていないのです。
子どもは、大好きなお母さんが不幸になっていくのは【自分のせいだ!自分が悪いんだ】と思ってしまい【自分なんか必要とされていないんだ!生きている資格なんかないんだ】と、純粋さゆえにとても苦しくなったりするのです。このような何かが引き金となり、自分を嫌ったり罰したりする自己否定の原因を作っていたりするのです。
そして、この病気の人は、自分が悪い・・・お母さんが悪い、お父さんが悪いなど、何かが悪いと決めたがる傾向があります。家族もわりとそういう傾向があって、「お前がいるから家が暗いんだ」とか、誰かのせいにしてしまうという白黒をつけたがります。このこと自体がウツっぽくなっていく病気的な考えとも結びついています。

いい子でいなくちゃいけない
やさしい人でいよう
こころのきれいな人でいよう
完全な人でいよう


いつもでなくていい、たまにそうでなくていいというグレイゾ―ンを受け入れて、ダメな自分でもいいじゃない、いい子でなくたっていいじゃない!と、まずは自分自身のどんな感情をも許し、受け入れることが回復の道への入口になります。

w17cut.jpg


ブログを読んだり、本を読んだりして情報や知識を増やすのもムダではありませんが、本はあなたの気持ちに対し『そうだよね』とは言ってくれません。
一人でどうにかできるものではないのが、この病気の特徴です。。
どうぞ、身近にいる誰かの手を握ってみてください。
力になってくれる人は、もしかしたら本当にすぐそばにいるかもしれませんよ。


vixusは医療機関ではありません。カウンセリングを通じてお話を伺いながら摂食障害回復施設専門機関へのご紹介と橋渡し、そして摂食障害と嗜癖行動科学の専門医のご紹介をいたします。


誰にも話せない過食嘔吐でお悩みの方とそのご家族の方へ


まずはご相談ください


カウンセリングお申込み>>> こちらから


各種ご相談窓口
各種ご相談窓口



おねだりクリック
↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

過食嘔吐を理解する(2)

02 16, 2012 | Tag,過食嘔吐

過食嘔吐は自律の病


罪悪感と後悔の日々


好き好んで食べて吐いているわけじゃない

過食や、過食嘔吐を繰り返す人は、いつどこで何をどのくらい食べようか?など、食べ吐きにまつわる計画で頭の中がいっぱいになります。どうやって食べようか、どこで食べようか、食べ物を買うためにどこでお金を手に入れようか?などと考え始めます。しかし、誰にも言えないためにどんどん秘密主義になり、こころの中に重い石を置いて友人との交流も少なくなり孤立化していきます。社会的な関係が縮んでいってしまうことも少なくありません。


実は私も30年近く前の過食嘔吐経験者。近所のコンビニに日に何度も通っていたものです。
甘いもの、辛いもの、食事系、お菓子類、硬いモノ、やわらかいモノ、などなど食べ続け、吐くために最初に何を食べればいいか、つまり吐きやすくするために胃の中に何を最初に入れたらいいか次第に学習していくのです。誰にも言えない自分だけの秘密・・・外で食事しても友人の家に泊まりに行っても繰り返す秘密の行動にどんどん罪悪感が増していくのでした。

g17.jpg

食べ物依存は『自律の病』とも言われています。思えば、私も実家から離れての一人暮らしがきっかけでした。自分で選んだはずなのに、自律を余儀なくされたことによる発症といえるかもしれません。健康、こころ、考え方もすべてをおかしくしてしまうのが食べ物依存で、暗闇の辛い人生を生きているようなものです。
もし、ご自分のお子さんが過食嘔吐を繰り返しているという方がいらっしゃいましたら、この記事を読んで少しでも病気について理解を深めていただけたら幸いです。


子どもが風邪をひいたからといって怒る親はいませんよね?
過食嘔吐を繰り返すお子さんと風邪をひくお子さんとの間に違いなどないのです。お子さんのせいではないのです。これは【脳=考え方】【こころ=感情】【身体】の病気で、このどれか一つよくなればいいというものではありません。彼女たちは、身体のことは二の次でどうなってもいいという感覚を持っています。とにかくこころを受けとめて欲しいというのが根底にあるのです。こころの叫びなのです。
好き好んで食べたり吐いたりしているのではないのですから、少なくともそこのところを理解してあげてください。



誰にも話せない過食嘔吐でお悩みの方とそのご家族の方へ


まずはご相談ください


カウンセリングお申込み>>> こちらから


各種ご相談窓口
各種ご相談窓口



おねだりクリック
↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村




摂食障害を理解する(1)

02 15, 2012 | Tag,過食嘔吐

やめたいのにやめられない過食嘔吐


ある日、気づいたら食べて吐いていた


誰にも話せない食べ吐きの秘密

摂食障害を食べ物の依存だけと考えると、それだけでは解釈しきれない部分があります。
自我の脆弱性というか、心の傷つきやすさや弱さとか、精神科的にはある種の強迫性障害の様子を呈することもあったりするようです。
ものごとをきっちり・きっちりやらないと気が済まない性格傾向だとか、ある種の特徴的なところもあるため、依存症の治療だけというよりは個別のフォローもとても重要で、ていねいに扱わなければならないデリケートな病気でもあると言われています。また自己否定感がこころのどこかに常にあって、他者または社会から『必要とされていない』と勝手に思いこみ、自己評価をさらに下げることで過食に走ることもあります。

食べて吐くというその行為の根底には恐れがあるとも言われています。
極端な表現に聞こえるかもしれませんが、こんな自分が生きていていいのか?と思ってしまうようなことだったりします。食べ物依存はアルコール依存や薬物依存よりも生命に関わる場合があることも知っておいた方がいいかもしれません。なぜなら、私たちは食べ物を口にしないと生きていけないからです。
拒食症はそういった点でとても深刻です。


20120215-1



恐れるものとは・・・

過食嘔吐を繰り返す多くの人は感情をとても怖れています。人を怒らせるのも自分が怒るのも怖いということで、怒りの感情にとても敏感です。
自他の区別をするとき、つまり自他の境界線を引くときに嫌な感情が生まれるのですね。普通は、子どもの頃に自然に覚えて境界線を引きながら生きていけます。でも、摂食障害の人は現実から目をそむけたいというのがあって、自律をしていく成育過程において生々しい現実を見ることが苦手で、内的な世界感覚から現実離れした自分をクリエイトする妖精になってしまうのです。

でも、生きるって生々しい現実の繰り返しだと思いませんか?肉体的にも、精神的にも、生理的にも、社会的にも、いろんなことが生々しい・・・
理想的なこと、いいことばかりではないというのが現実で、いろんな感情が伴い交錯します。その生々しい、わき起こる悪い感情を排除しようとしたりかき消すために過食したりするわけです。多くの人は思春期に始まり、早くて12~13歳、遅くて20代後半に始まる『自律の病』と言われています。「自律」という、自分の考えでなんとかしなくてはならなくなることによって、ふとしたきっかけで始まるわけです。そのトラウマの種類によって食べたり吐いたり、いろいろな発展の仕方をするわけです。


20120215-2



治らない病気なの?

数年前までは愛情不足が過食の原因だと言われていましたが、実はもっと違うところに原因があることがわかっています。家族に対して「愛情が足りないから、もっともっと食べさせなさい」とか、「尽きるまで与え続ければいつか気が済んで止める時が来る」という『底つき』の指導をしている医師が今でもいるようですが、それは習慣化をさらに助長させるだけで効果はありません。治したいと思っていても、家族が間違った関わり方をしていると、もっと悪化させてしまうということを知らなければなりません。

長い治療のプロセスにはたくさんの困難はあるものです。長くかかるから、もう何十年も続いてるからダメだと諦めることはないのです。私たちの人生は一人一人全然違い、一歩一歩一日一日に無限の価値があり、一日一日に成功があり達成感を得ることができます。回復が遅いからといってダメじゃないのです。

生々しい現実を受け入れることが、だんだんとできるようになっていきます。恐れを手放して、食べて吐くなんてどうでもいいと思えるようになる日が必ずやってきます。でも、ひとりの力ではどうにもならないというのが現実です。家族の協力が必要で、支え合う仲間が必要です。どうぞ怖れずに一歩を踏み出し、カウンセリングを受けてみるか、最寄り地域の支援団体、自助グループ、食べ物依存症回復施設に一度ご相談なさってみてください。

かならず光は見えてくるはずです。

20120215-3




おねだりクリック
↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村




続きを読む »

Calendar
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Entries
Archives
Categories
Tags
Comments
Trackbacks
About

VIXUS

Author:VIXUS
VIXUS(ヴィクサス)オフィシャルサイト
神奈川(川崎・横浜)東京(23区)エリアで女性(こころとからだ)専門のケアサポートを総合的に行います!女でいてください。これまでも、これからも、
いつまでも。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。