スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性の老いとQOL

03 18, 2013 | Tag,女性のQOL,,シニア

アンチエイジングよりウェルエイジング


年をとるって悪くない


年齢を重ねるほどに素敵になれる女性たち

仕事やプライベートで出会う60代や70代の方の中に、知性と品格が備わった、とても素敵な女性たちをお見かけすることがあります。

彼女たちが素敵に見えるのは、若さを
『失ったもの』と捉えるのではなく、彩られた人生の一通過点だったことを認め、過去を追いかけずに未来にシフトしているところにヒントが隠されているような気がします。


老いに抗わず、現在の自分自信を受け入れて分析をし、マイナスな部分を補うために
『隠れた魅力に光を当てる工夫』
をしているからではないかと思うのです。


自分らしさ(個性)を失わず、かつ負の部分さえも魅力にしてしまうほど、『生』を楽しんでいる。
そういった生き生きとした姿が、実年齢より若く美しく見られる魅力なのではないか⁈
という気がしてなりません。

IMG_2835o.jpg



メイクはごまかすものではなく、美しさを惹きだし、より魅力的にするもの


残念ながら戸籍上の若さには勝てません。
20代女性と一緒に仕事をしていると、肌のハリ・ツヤを見て、とてもうらやましく思うことがあります。

けれど、年齢を重ねることもまた素敵なこと。
笑顔で見せる目尻に刻まれるシワも、ときに美しく見えると思ったことはないでしょうか。

私の美意識は、

「積極的に若さをつかみに行きましょう」ではなく

「若さにはない魅力を惹きだしましょう」のほうがしっくりきます。



メイクは、足りない部分を補う程度でいいと思いませんか?



LAVENDER_ROSE_by_THOM_B_FOTO.jpg

いつまでも女性として見られたい願望

「オンナ」の部分を切り捨てたように見せていても、内面に少女の部分を隠し持っていたりするかわいらしい女性は意外に多いように思います。

「オバサン」や「○○さんのお母さん」ではなく、「一人の女性」として見られたいのが本音。

「汚く老いていきたい」
と願う人はおそらく一人としていないと思うのです。


私の友人に、女性の部分を放棄したという人がいます。
自分に自信が持てず、自己評価が低くなってしまったことがそうさせているようでした。

ところが、
「このシミが消えたらいいのに」と漏らしたその言葉から、彼女の本音を聴いたような気がしました。

きれいになりたいんだ、この人は。
誰かに見られることを意識しているんだ。


そう思ってうれしくなりました。


過去を振り返るより、
「今ここ、そしてこれから」

どうなりたいのか。
どうなっていたいのか。



外見と同時に
こころも磨いていきたいものですね。







公式ブログ管理人:小野真由美
The manager of the official blog is MAYUMI ONO
I am writing a blog filed with my opinions and experiences.

Mayumi Ono

バナーを作成



VIXUS オフィシャルサイトのご案内



VIXUS(ヴィクサス)オフィシャルサイト

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

女性のQOL(Quality Of Life)ガンと共に生きる(3)

03 11, 2012 | Tag,生きる,女性のQOL

理屈ではない生命力


頑張ってる身体を愛しんで


身体の機能は生きることを簡単にあきらめません

病気を患って治療の結果が思わしくないとき、何も変わっていない!一歩も前に進んでいない!と思うこともありますが、身体の中では生きる機能が休むことなく精一杯病気と闘ってくれています。
生きることをやめない、あきらめない、それが私たちの生命力です。

どんなにこころがネガティブになっても、心臓は鼓動し、血液が流れ、免疫力が働いてくれます。熱が出たり、だるくなったりするのも身体の機能が生きることをあきらめないでいるからだと私は思っています。だから、そんな身体を愛おしいと思うのです。投げやりな気持ちになったり生きる希望を失ってしまうのは、頑張ってくれている身体に申し訳ないと思うのです。とはいえ肉体的にも精神的にもつらい時はあるし葛藤に苦しむこともあるでしょう、不安で不安でたまらなくて眠れない夜もあるはずです。
本当の心を隠して、家族や友人と向き合わなければならないこともある、
ベッドの中で声を押し殺して泣くことだってある、
退院して行く人がうらめしく思うこともあるかもしれません。

泣きたい時は・・思いっきり泣いていいのです。
腹が立ったら怒り狂っていいのです。
自分を解放することはいけないことではないのですから。

AG036_L.jpg

体験から思うこと

私は自分がガンだとわかったとき、その現実をかみしめたとき、翌日目が開けられなくなるほど泣きました。そして二年半後に転移を告げられたとき、子どものように泣きじゃくりました。
でも不思議ですね。そのあと『どうしたらいいんだろう』とは思いましたが、なぜか立ち上がるまでそんなに時間がかかりませんでした。
人には自分の力で「こころの扉」を開き、患った人生を引き受けていくという『こころの力』があります。そして、患っても生き続けたいと思うからこそ、傷ついて折れたこころを修復しながら自分の中の生命力や可能性を信じるのではないか・・・体験からそう思うのです。


明日のことはわからない、だから希望を持っていい

私たちは、日常生活の中でおいしいものを食べたり、自然の中で新鮮な空気を吸った時などに生きている実感が湧くことはあっても、常に「生を考えながら」生きてはいないと思います。それは明日がやってくることに疑問をもたないことと同じで、生きていることが当たり前なのだと、無意識が働いているからなのでしょう。生を意識し執着するということは、対極にある死を意識したときに起こり、それはある意味人は死を考えながら生きることができないということかもしれません。


生まれた時にすべての人に与えられた「生を終えるまでの時間の長さ」は誰にもわからないことです。
医師が、学者が、霊能者が、預言者が、あと半年の命ですと言ったとしても、それは100%ではありません。例外だって数多くあります。
進行性のガンとわかっても、末期ガンだとしても、再発・転移があっても絶望的ではありません。全員が臨床データのパターンに当てはまることはないのです。明日のことは誰にもわからないのだから、希望を持っていいのだと私は思っています。


g11.jpg

東日本大震災から丸一年の今日


甚大な被害に見舞われた一年前の震災を振り返ると、地震に加え津波や原発という一度にやってきた災難に対して、我々一般人は経験や知識がないからこそ、自分の中に物理的にも精神的にも備えを置くことができませんでした。だからこそ、震災後の不安・恐怖・戸惑い・焦りなど目に見えないものを相手に怖れ慄いたのかもしれません。この先どうなるのかがわからないし、予測不能という点では、ある意味ガンの告知を受けた時と一緒ではないかと、未曾有の事態とを重ね合わせる自分がいました。
すべてを失って生きる気力まで奪われてしまっても、生きていかなければならない現実を背負うことは、言葉にしがたい思いで胸が張り裂けそうになるはずです。絶望を味わっても、それでも生きなければならないのはあまりに残酷なことかもしれませんが、それでも人は生きることを選ばざるを得ません。

毎日毎日、世界中のいたるところでさまざまな事件や自然現象による災害などが起きています。
昨日まで隣にいた人がある日突然津波にのまれたり、思いもよらない事故に巻き込まれることだってあり得る世の中・・・
明日のことは誰にもわかりません。若くて健康であっても、昨日と同じ明日がかならずやってくるとは限らないのです。逆にガンを患ったからといって将来を憂いることもないのです。
だから、明日何が起こってもいいように今を一生懸命に生きる。未来は今を生きることの連続なのだから。
そう私は思っています。
これから治療を始める方、闘病中の方、経過観察中の方、寛解の方、お互いに今を一生懸命に生きましょう。

明日がかならずやってくることを信じて。


東日本大震災で亡くなられた方々へ黙とうを奉げこころよりご冥福をお祈りいたします。
また被災された皆様へ、平穏な日常が一日も早くおとずれますように。




おねだりクリック
↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村

Calendar
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Entries
Archives
Categories
Tags
Comments
Trackbacks
About

VIXUS

Author:VIXUS
VIXUS(ヴィクサス)オフィシャルサイト
神奈川(川崎・横浜)東京(23区)エリアで女性(こころとからだ)専門のケアサポートを総合的に行います!女でいてください。これまでも、これからも、
いつまでも。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。