スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもを生きることができなかったアダルトチャイルド(3)

08 19, 2013 | Tag,喪失感,インナーチャイルド,アルコール依存,アダルトチャイルド

子どもの頃の痛みの正体をさぐる


喪失が起こるメカニズム


子どもは「今ここ」を生きる

夏休み真っ盛り。
「子どもや夫が家にいる夏休みがゆううつになる」というお母さまがいらっしゃいます。
ふだんの生活のペースが乱れてしまうことに苛立ちが隠せないようです。
家事の量が増え、自分の時間が持てなくなることさえあるわけですから仕方がないのかもしれません。
でも、そんな母の気持ち子知らずで、大好きなお母さんと長い時間一緒にいられる子どもたちにとっては、とてもとても幸せなことなのです。

natural-child-painting.jpg

本当の気持ちを表せない子ども

さて、お子さんが「ねぇ~ママ~、あのね~」と話しかけてきたとき「今忙しいから後にして」や「あっちに行きなさい」などと、つい自分の都合を優先し、感情をそのまま子どもにぶつけてしまうことはないでしょうか。
毎日の日常生活の中ではそれも致し方ないことですが、親の忙しそうな背中や夫婦ゲンカなどによって子どもを寄せつけない態度をとってしまうと、子どもは拒絶されたと感じ、しかも自分のせいだと感じてをしまうことがあります。
ましてやあからさまに無視されたり、打ちのめされるようなレベルで心身がさらされたら、子どもにとっては生死にかかわる深刻な問題になります。そう、子どもにとってはそう言っても過言ではないくらいに重大な出来事なのです。
こういった極端な拒絶が慢性的に繰り返されると、「喪失感」を長く引きずることになり、本当のことを言ってはいけないし、感じてもいけないということを自然に学習して育っていくことになります。

自分が見聞きしたことや思ったままを口にしたら罰を受けたり無視されるに違いないと思ったり、話すことで大事な人を裏切るのではないかなどと、子ども心に本当のことを口にしてはいけない空気感を察し、心に傷を抱えてしまうのです。

kids-in-nature.jpg

環境が支配する土台が真実を見えなくする

あなたの育った環境は?


親がアルコール依存だったり、再婚や恋愛でパートナーがコロコロ変わる母親に育てられたり、家族の諍いが絶えないとか、身体的虐待・性的虐待、両親の顔すら知らずに育った人、息が詰まるほどの厳格さに支配された家庭で育った人、人に言えない事情を抱え住居を転々とした家庭で暮らした人など、人の数ほどいろいろな生育環境があります。
その環境によっては、話せば聞いてもらえるという信頼感を持てずにオトナになっている人もいるはずです。

子ども時代の痛みを抱えたまま生きているアダルトチャイルドは、自分を守るために無意識のうちに痛みに対するさまざまな防衛法を身につけています。

つづく



癒しの音楽

Yiruma - Chaconne


公式ブログ管理人:小野真由美
The manager of the official blog is MAYUMI ONO

Mayumi Ono

バナーを作成



VIXUS オフィシャルサイトのご案内


VIXUS(ヴィクサス)オフィシャルサイト


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

子どもを生きることができなかったアダルトチャイルド(1)

08 07, 2013 | Tag,インナーチャイルド,アダルトチャイルド,

インナーチャイルドを大切にする


子どもの自分と出会うことは、生き生きとした自由な自分と出会うこと


年齢を重ねても私たちの中に生きている


私の子どもの頃に時代をさかのぼって想いを馳せてみると、色つきの情景に「音」や「感触」に季節の匂いつきで、まるでスライドショーのように場面が切り替わる形で記憶が蘇ってきます。
自分が主人公のストーリー・・・その情景は主に自然の中で遊ぶ子どもらしい子どもです。

私が子どもらしくいられたのは、おそらく小学校に上がる前まで。
その頃の記憶は、不思議ですが昨日のことのように鮮明に覚えています。


nature-child-1280-1024-1663a.jpg



当時、実家の三軒ほど先には小学校があり、学校の遊具のあるところが私の屋外プレイルームでした。
ブランコ・すべり台・花壇など、すべてが揃っている巨大なオモチャ箱ともいえる学校の一画で、ポプラの木も草っぱらも、地面も、全部おもちゃに変身させてしまう力が、地球の子である私には備わっていたような気がします。


中でもブランコはスペシャルなオモチャでした。
高く高く空を仰ぐようにブランコをこぐと、どこか夢の世界へ行ったような感覚になったものです。
そのブランコから見える赤く焼けた西の空、肌にやさしい風がひんやりとしてくる頃には、一番星も顔を出し、お陽さまの匂いが湿り気を帯びた甘い草の匂いに変わり、焼き魚の匂いが混じる頃が、家へ帰る時間でした。

nature.png



子どもは「今ここ」を生きる

子どもは大地が、地べたが、風が、空や木々が好きです。
この世界が自分の友だちだと信じていて、常に移りゆく景色への好奇心と感受性に満ちているのは、「今ここ」に生きているからです。

このような純粋で、周囲の世界と絆で結ばれた子どもは、年齢を重ねた今も私たちの中に生きています。
「インナーチャイルド」という内なる子どもの姿は、本来はこういった直観力にあふれ、生命力のかたまりのような存在のことをいいます。


♫癒しの音楽
Sunflowers │ Kevin Kendle ℗ 2001 New World Music






公式ブログ管理人:小野真由美
The manager of the official blog is MAYUMI ONO

Mayumi Ono

バナーを作成



VIXUS オフィシャルサイトのご案内


VIXUS(ヴィクサス)オフィシャルサイト


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


Calendar
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Entries
Archives
Categories
Tags
Comments
Trackbacks
About

VIXUS

Author:VIXUS
VIXUS(ヴィクサス)オフィシャルサイト
神奈川(川崎・横浜)東京(23区)エリアで女性(こころとからだ)専門のケアサポートを総合的に行います!女でいてください。これまでも、これからも、
いつまでも。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。